人事制度はスピードと分かりやすさがモットーです

092-753-6770
info@ambitious7.biz

☆移転のお知らせ
福岡市南区平和2丁目7-24アーバンビル2F(自社ビル)に移転しました。
092-753-6770
最短2ヶ月で人事制度を構築。スピード経営に合わせた迅速かつ
分かりやすい制度構築を行います。
  

優秀な方を早く昇進させることは、優秀層を早期に退職させることになり、得策ではありません。
もし、入社10年、30代前半で部長になれたとしたら、定年まで残り30年以上も昇進が止まること
になる為、社外に活躍の場を求めてしまいます。成果に応じた処遇は重要ですが、日本の風土を考える
と、昇進には、ある程度年功的な昇級スピードが必要だと考えます。

    人件費の削減へ     人的コンプライアンスへ               トップページへ戻る

人事制度は、企業理念や経営戦略を骨子に組み入れ、詳細に落し込みます。
 
☆ステップ1 人事制度の基本コンセプト作り
  ●企業理念やインタビュー、分析を通して、基本コンセプトを明確にします。
         
    

  ●人事制度の設計項目の明確化
   【例】↓↓
    
  ●現状の制度と人材の分析
      (コンプライアンス、年齢構成、給与構成等)
    【例】↓↓
     

☆ステップ2 資格等級制度の構築
  ●複線型人事制度の検討
   (管理職、総合職、一般職、専門職・・・)
  ●資格等級数の検討
   (管理職3等級、総合職3等級 ・・・など)
   【例】↓↓
     

☆ステップ3 給与賃金制度の構築
  ●基本給、役職給、職能給、職務給、ミッションレンジ 等の検討
  ●賃金レンジ(上限、下限)の設計
  ●評価と連動した昇給レンジの設計
  ●賞与の設計(業績連動型、目標達成型、基本給連動型・・・等)
  ●賃金原資シミュレーション(制度移行に伴う賃金原資の増減を検証)
  【例】↓↓
   
  【例】移行措置↓↓
    

☆ステップ4 評価制度の構築
 ●能力評価、スキル評価、行動評価、プロセス評価、コンピテンシー評価
  目標管理制度 の6パターンから検討、選択。
 ●昇進、昇格、昇給との連動・・・評価
 ●評価表の作成
  【例】↓↓
    

   【例】↓↓
      

☆ステップ5 教育制度の構築
 ●等級、職位別教育、年齢別教育の設計
 ●自己啓発制度のご提案
 ●年間教育カリキュラムの作成
   【例】↓↓
           

☆ステップ6 最終設計
 ●各1〜4ステップの連携
 ●運用開始

☆その他 運用サポート
 ●評価者(考課者)研修の実施
 ●制度移行に伴う、個別の「等級、職位、賃金移行シート」作成
 ●評価に関するシステムとの連動
 ●退職金制度の設計
 ●就業規則及び諸規則・規程の改訂
 ●各種、教育研修の実施